arusu0629のブログ

Swift初心者エンジニア

WebGLについて⑤

【前回】 arusu0629.hatenablog.com

コンテキストの初期化

コンテキストの取得から初期化まで

  1. htmlソース要素をgetElementByIdを使って取得

  2. 取得したcanvas要素を使ってWebGLコンテキストを取得する。これをするにはgetContextメソッドを利用する

  3. 画面をクリアするにはclearメソッドを使い、引数には画面上の色をクリアするので組み込み定数のCOLOR_BUFFER_BITのみを指定する


上記例のJavaScriptコード

script.js

onload = function(){
    // canvasエレメントを取得
    var c = document.getElementById('canvas')
    // 画面サイズを適当に決める
    c.width = 500
    c.height = 300

    // webglコンテキストを取得
    var gl = c.getContext('webgl') || c.getContext('experimental-webgl');

    // canvasを黒でクリア(初期化)する
    gl.clearColor(0.0, 0.0, 0.0, 1.0);
    gl.clear(gl.COLOR_BUFFER_BIT);
};

このJavaScriptコードをhtml側で読み込めばブラウザで500×300の黒い領域が表示される(添付図参照)

sample.html

<html>
  <head>
    <title>WebGL TEST</title>
    <script src="script.js" type="text/javascript"></script>
  </head>
  <body>
    <canvas id="canvas"></canvas>
  </body>
</html>


【添付図】 f:id:arusu0629:20180331182731p:plain

【続き】 arusu0629.hatenablog.com